公民連携アプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」にて 10月1日よりアプリ開発部門公募開始 | クラウドソーシングのJob-Hub(ジョブハブ)


プレスリリース
PRESS
公民連携アプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」にて 10月1日よりアプリ開発部門公募開始
2014/10/01
株式会社パソナテック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 吉永隆一、www.pasonatech.co.jp)が運営するエージェント型クラウドソーシングサービス「Job-Hub」(ジョブハブ、jobhub.jp)は、公民連携のアプリコンテスト「YOKOHAMA Ups!」(ヨコハマ アップス)にて、本コンテストのアイデア部門の公募に続き、「アプリ開発部門」の公募を10月1日(水)より開始いたします。
 
本コンテストは、横浜市、デジタルハリウッド大学大学院、株式会社tvkコミュニケーションズとともに、公民連携アプリコンテストとして昨年より開催しているもので、市民や地域企業をはじめ、横浜市に興味や関係のある全国の方より横浜の魅力を発信し集客につながるもの、横浜に住んでいる方の身の周りの利便性をちょっと向上させるもの、その他横浜での生活に彩りを与えるアプリなどを募集していきます。
 
本年度は、横浜市が積極的に推進する「オープンデータ※」を活用したサービス・アプリケーションも募集対象に加え、横浜市統計データを活用した子育て支援アプリや市民課題を分かり易く抽出するデータビジュアライズ Web サイトなど、地域課題を解決する提案も募り、より幅広く公民連携を促進する仕掛けを組み込んでまいります。
 
また、本コンテストにあわせ、横浜市をはじめ近隣都県において、アイデアソン、ハッカソン、データビジュアライズソンなどの勉強会・セミナーを開催し、アプリ開発に親しんでいただける学習の機会を随時提供してまいります。
 
※オープンデータとは、行政が保有する公共データを二次利用できる形で開放し、それらのデータを民間企業や団体が編集・加工することで、街作りやビジネスに活かしていく取り組み。

 

■「YOKOHAMA Ups!」アプリ開発部門概要

logoA目  的: 日常をちょっと便利で楽しくしたいという想いを持つ、横浜市の未来を担う「若者」、より深い社会参加が望まれる「女性」、豊かな知識・経験を持つ「高齢者」、そして専門領域の強みを持った「民間企業」が、アイデアとスキルを持ち寄ってアプリとして具現化させるという動きを通じて、市民生活の向上につなげる。
 
開催期間: 平成26年10月1日(水)~平成27年1月31日(土)
募集内容: 「横浜」をテーマとしたアプリの企画開発
応募資格: ・本コンテストの募集要項に同意いただける方
・プロ・アマチュア、個人・法人を問わず参加可能。グループの参加も可能。
U R L:  http://jobhub.jp/camp/yokohama-ups
主  催: 株式会社パソナテック、デジタルハリウッド大学大学院、株式会社tvkコミュニケーションズ
共  催: 横浜市
特別協力: 一般社団法人リバースプロジェクト、LOCAL GOOD YOKOHAMA
お問合せ: yokohama-ups@jobhub.jp

 

■参考 Job-Hubについて5f99bceb7e38fb05dccf978bb2df45ad株式会社パソナテックが運営する、Web上で仕事の発注や受託、契約、仕事の進捗管理や支払いが完結するクラウドソーシングサービス。仕事を発注するクライアントには、業務単位で仕事を発注ができる方との出会いを、仕事を受注するワーカーには、時間や場所を超えた新しいワークスタイルを提供している。
公式サイト: http://jobhub.jp
Facebookページ: http://www.facebook.com/jobhub.jp

 

【株式会社パソナテック】
本 社 :東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング19階
設 立 :1998年8月1日(事業開始日)
資本金 :4億8,000万円
代 表 :代表取締役社長 吉永 隆一
事業内容:IT/インターネット分野およびエンジニアリング分野における下記の事業
・エキスパートサービス(人材派遣)
・プレース&サーチ(人材紹介)
・アウトソーシングサービス
クラウドソーシング事業
U R L :http://www.pasonatech.co.jp